テーマ:小説

[小説] スクールガールストライカーズ Novel Channel

原作:スクウェアエニックス 著:榊一郎/氷上慧一/ひびき遊 GA文庫・SBクリエイティブ 発売:2015/03/20 スクストのノベライズ版。 各々のオムニバスなストーリーが展開するのかと思ったのですが。 エテルノとか、メモカとか、ゲームに関係する用語が一切出てこない。 過去話かな…と思いつつ。 猫でてくるんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島

もう小説は書かない。 発売:2014/10/10 伏見つかさ/電撃文庫・アスキー・メディアワークス(KADOKAWA) 今回は確かにちょっと違う。 今までは対決というかんいだったけど、今回はインターミッションというか前哨戦というか。 あとがきでは「ラブコメ風」とか書いてありましたね。 にしても、女の子に囲まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

数字の中で、7だけが孤独 発売:1998/12/11 第54刷:2014/07/01 森博嗣/講談社文庫 前からタイトルは知っていました。 でも、今回読もうと思ったのは、ドラマ化されたから。 でも、結局ドラマは見なかった。 1話を撮りそこね、2話は録画したけど…結局見るのをやめてしまったので。 このときはまだ未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] 女騎士さん、ジャスコ行こうよ

クッころ 発売:2014/09/24 伊藤ヒロ/MF文庫J・メディアファクトリー(KADOKAWA) ねとらぼで話題になったり、Twitterで読んだ…という人がいたので、わたしも読んでみました。 ジャスコ…といえばショッピングモールですが今はこのブランド名は使用していない…とのこと。 ジャスコにつられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] “藤壺”ヒカルが地球にいたころ……(10)

ぼくが、地球にいる間に……。 発売:2014/04/28 野村美月/ファミ通文庫・エンターブレイン(KADOKAWA) 前回、非常にあと味がわるかったのだが…そのつづき。 虞美人草の真の正体が明かになり、そしてヒカルの過去も明らかになる。 行き止まりの恋の果てにあるのは絶望なのか。 学校の方での正体の判明の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] Amazonで変なもの売ってる

発売:2014/08/07 谷山浩子/イースト・プレス マットグロッソで月一連載されていたWeb小説。 1話は読んでいたのだけど、2話以降は読むタイミングがつかめなくて、結果最後まで読め(ま)なかった。 本になってくれて、本当に良かったです(^^; この本のタイトルが「Amazon…」なので実はちょっと心配し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のマーニー

休み中(8/11)に見に行きました。 原作を予め読んでから… 実は今回のためにこの本は買ったのではなく、 以前のちょっとしたきっかけで持っていたのでした。 見た感想としては… やっぱり、なんで舞台を日本にしちゃったのかな~ ってところ。 これによって、マーニーの存在が異様に浮いてしまっているんじゃないかと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 (5)

右と左は同じりんごだと思う? 発売:2014/03/29 野村美月/ファミ通文庫・エンターブレイン(KADOKAWA) 今回は小ぶりといった印象。 メインは、くじびきで二人組を組みパートナーを喜ばせることをするというもの だったのだが、 話が各組で細切れになってしまい、あまりのめりこめなかったという感じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] エロマンガ先生 (2) 妹と世界で一番面白い小説

私の可愛くない後輩 発売:2014/05/10 伏見つかさ/電撃文庫・アスキー・メディアワークス(KADOKAWA) 今回もラノベからいろいろネタが出てきますが… マリみてのレイニー止めがこんなところに出てくるとは(^_^;) ラノベじゃないけど、島風が出てきた時は、 逆に引いた(^_^;)    まじひくわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] “六条”ヒカルが地球にいたころ・・・・・・(9)

六条というと麦茶が思い浮かぶ。(無関係) 発売:2013/12/26 野村美月/ファミ通文庫・エンターブレイン(KADOKAWA) 今回のこのタイトル。 すでに人物は割れているのだけど男だし? と、いままで読んできた人はそう思うだろう。 今回、夕雨が帰ってくるのだけど。 そこから災難がはじまる。 件の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説]ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 (4)

バスストップKISS 発売:2013/09/30 野村美月/ファミ通文庫・エンターブレイン 今回は本編が半分ほど…残りは番外編となっていますが、 まぁそのまんま続きだったりするので、違和感はないけど。 鮫殺しの異名をもつ姫君が登場。 容姿がゴツイ…姫君なの? …と思ったら… なんとなくそんな気はし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説]“花散里” ヒカルが地球にいたころ……(8)

蛍光灯の付け替え 発売:2013/08/30 野村美月/ファミ通文庫・エンターブレイン 今回は花里みちるがメイン。 おとなしい級長。 とあることをきっかけに是光に思いを寄せるようになる。 是光は学園祭実行員に請われて、しぶしぶ受けるのだが…。 おまけに、特別警護班に任命されたり、 日舞研が出典することに鳴ったり。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] ありすさんと正義くんは無関係ですか? (3)

発売:2012/03/30 わかつきひかる/HJ文庫・ホビージャパン 実のところ…あまり入ってこなかったのですが…。 主人公んが陰気になった理由…イジメた側の張本人が出てきたとしても、 イジメた方なんてのは、そんなこと忘れているだろうし。 そんなわけで、その人物が今回登場するわけだが… 何もしてこなくても ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] ありすさんと正義くんは無関係ですか? 2

篤子さんの憂鬱 発売:2011/09/30 わかつきひかる/HJ文庫・ホビージャパン 今回は生徒会長でもある篤子さんの話。 彼女は正義に対して後ろめたさを感じながら…ずっと見守っていて…好意を寄せていた。そして、ありすに対して対抗心を持っていた。 今回は前回に比べれば(個人的には)読める方かな~。 篤子さんは…一本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] お釈迦様もみてる 蛍のヒカル

生徒会には送別会はない? 発売:2013/11/30 今野緒雪/コバルト文庫・集英社 「マリア様がみてる」と、その姉弟版である「お釈迦様もみてる」(本作品)の最後の巻となります。 一応、一区切りということですが…事実上最後ですね。 今回は柏木優の卒業…ということなのですが、 彼は大人気なので、ちょっとしたイベン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] お釈迦様もみてる オン ユア マークス

誰だって初めての事をするのは怖いものだ 発売:2013/08/01 今野緒雪/コバルト文庫・集英社 うかつにも出ていることを知りませんでした。 今回のテーマはバレンタインなのですが…偶然にも、読んだ時期がそれだったりして… 高田がなぞの動きをしてますが……こりゃ、明かされるまでわからんわな。 そして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説]エロマンガ先生 妹と開かずの間

俺の妹がエロマンガ家のわけがない 発売:2013/12/10 伏見つかさ/電撃文庫 俺妹作者による新作。 …なんだけど、またしても妹ネタ。 あらすじ見た時、これ、俺妹なんじゃ…と思ったりした(^_^;) 主人公となる兄はラノベ作家で妹がイラストレーター(秘密)となっている。 (ただし、高校生と中学生) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] 悠木まどかは神かもしれない (感想その2)

「タイトル会議に参加していた者全員が、『まどマギ』を知らなかったんです。」 (新潮文庫ツイッターアカウントより) 発売:2013/11/28 竹内雄紀/新潮文庫 同じ本で、2回感想を書くのは珍しいことなのですが… まぁ…これを知った経緯があるので… ■新刊「悠木まどかは神かもしれない」→鹿目まどか+悠木碧!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] 悠木まどかは神かもしれない (感想その1)

…そういうのって理屈じゃないでしょ。 発売:2013/11/28 竹内雄紀/新潮文庫 元々の題名は「100円チーズバーガーズ」だったらしい。 成績がトップクラスな子供達が通う塾。 互いを「○○キョージュ」と呼びあう少年たち。 その中で、いつもつるんでハンバーガー屋に集まる三人。 それが「チーズバーガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[雑記]おとボク2の小説の感想が…

まとめブログ?に捕捉されてた(^_^;) いつも全く見てない、アクセスレポートを見てたら、 まとめブログ系のところからのアクセスが… 見に行ってみたら、下の方に、 わたしの感想のことが書いてあった(^_^;) ちょっとびっくり。 ※その記事にリンクししてみようと思ったけど、URLがもすごい羅列になるのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] ありすさんと正義くんは無関係ですか?

友達からはじめることになりました! 発売:2011/06/01 わかつきひかる/HJ文庫 ホビージャパン わかつきひかるというと、アレなのが思い浮かんでしまうが、 本作品はそういうのではありません ………というか、まぁアレがヒットしすぎた?だけなのかもしれませんが。 でも、いろいろな意味で突っ走っているヒロイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] 乙女はお姉さまに恋してる 2 ~移りゆく花のように~

ゲームでは実現できなかった結末へ… ってわたしはゲームはクリアしてないのですが… 発売:2013/08/12 嵩夜あや/GA文庫 ソフトバンククリエイティブ いい感じに納まっているんじゃないかと思います。 今回の作品は前作に比べるとそれぞれが抱える問題があって、そこが深いな…と思いました。 エロゲーである必要は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] “空蝉” ヒカルが地球にいたころ……(7)

この子は、天使の子よ。 発売:2013/04/30 野村美月/ファミ通文庫・エンターブレイン いよいよ核心に迫ってきたという感じなのだが、 ちょっとはぐらかされた感じかも? ヒカルの子供…の話はこれで終わりなんだろうか? 今回は是光自身のトラウマにも関わってきて。、 でも、解決という感じでいいんだろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] 乙女はお姉さまに恋してる2~ドーン・パープル~

夜が明ける前の紫色の空 発売:2012/09/18 嵩夜あや/GA文庫・ソフトバンククリエイティブ 今回は香織理がメインのお話。 ちょっと一筋縄ではいかない女の子。 雰囲気的に不良っぽいところもあるって表現でもいいのかなあ。 今回は女生徒と抱き合っていた(女同士)との疑いで、停学の宣告を受けようとしていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] 乙女はお姉さまに恋してる2 ~黄金の檻 荊の鳥籠~

過度な期待はしないでください。 発売:2012/01/16 嵩夜あや/GA文庫・ソフトバンククリエイティブ 今回のタイトル。 一体誰のことをいっているのか…最初はわかりませんでした。 今回は夏休み~9月頃までの話。 雅楽乃(うたの)と淡雪がメインの話になっています。 皆に御前といわれ、羨望を受けている雅楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(ネタバレ注意) [小説] 俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12)(完)

今回は、ネタバレ無視で書いています。 なので、まだ読んでないかたは見ないことをおすすめします。 …といった所で、大したことは書いていないと思いますが。 妹と恋しよっ♪ 発売:2013/06/07 伏見つかさ/電撃文庫◇アスキー・メディアワークス 正直、驚いた。 クリスマスデートからの告白…でも、その詳細は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 (3)

みんな大好き ほかほかおでん 発売:2013/03/30 野村美月/ファミ通文庫・エンターブレイン 今回は推理ものっぽいのと、本物のグリンダが現れる話と、おっきくなっちゃう話(一部のぞく) その他、番外編もいくつか。 聖羅が安定してかわいいです。 やらかしてしまったりもしていますが…それもまたいい。 アニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] “朝顔” ヒカルが地球にいた頃……(6)

今はまだ、旅の途中 発売:2012/12/27 野村美月/ファミ通文庫・エンターブレイン 今回約束をかなえる相手は朝衣。 日頃、是光を敵視していて、しかも、約束の内容がツチノコを探しに行く…なんて、無理ゲーにも程がある。 どういう風に持っていくのか…? 話は御門家の世継問題が絡み、そして、ヒカルの重大な秘密があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] ドレスな僕がやんごとなき家庭教師様な件 (2)

わたしは、どこにも行きませんよ 発売:2012/09/29 野村美月/ファミ通文庫・エンターブレイン 野村美月さんのシリーズは、文学少女の前の月のうさぎの話から読み始めた。 文学少女で、いきなり人気出るとは思わなかったなぁ…とはいえ、わりとリアルタイムを外れることも多いので、二冊目のジンクスには当てはまっているかどうかはわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[小説] “末摘花” ヒカルが地球にいたころ……(5)

好きになってもいいかな? 発売:2012/08/30 野村美月/ファミ通文庫・エンターブレイン 今回は、わりとどたばたが多いかも…。 主題のサフラン/サフルールはちょっと少なめかな~。 謎解き的なものがあるのだけど…それも少なめ? 自分では気付かずにモテはじめている是光。 話としては面白い方向に進ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more