デレマス7th名古屋の個人的まとめ

“THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Funky Dancing!”
(11/09~11/10)

4thからLVに参加した身としては、いつか現地に行きたいとは思っていて、
今回、ついに現地参戦することにした。

○ナゴヤドーム
ドームのゲートから入ると、対岸が霞んでいて(スモークのせい)荘厳な雰囲気だった。
センターステージということは聞いていたが、ホーム、バック、一塁側、三塁側にも花道を通じての小ステージがある構造。
センターステージの上にはモニタが4方向にあり、遠くからでも演者が見れるようになっている。
バックスタンド上には球場に備え付けのモニタがあるが、これは先程のセンターのモニタと同様に演者を映し出すが、先程のものとは異なり、曲による演出が施されない。おそらくLVと同じ映像を映していると思われる。
センターステージには屋根(というかミラーボールなどがある装置)を支えるように柱が立っているが、この柱もそれぞれに曲によって装飾がなされていた。
(たぶん、プロジェクションマッピングだったんじゃないかな)

1日目は、アリーナ席のCエリア。
センターからは遠いものの、センタからホームにのびる花道の近く。
近くの人は「神席」といっていたが…実際には、センターまで遠いのと、ホームの小ステージに演者が来ても、こちら側からだと後ろから見る事になってしまい、前のモニタと後ろとどちらを見たらいいのかということになった。
(決していい席とはいえなかった)
(演者によってはこちら側を向いてくれることもあった)

2日目は三塁側スタンド。
全体が見えるけど、センターも小ステージも遠い。
結局、モニターを見るだけになった。

レーザーによる演出はすごかったと思う。

□公演内容の感想
(以降、アイドルの名前で書いていますが、一部、中の人の名前でも書いています)

○DJちひろ
一番はじめに、いつもの注意事項をちひろさんが紹介するのだが、
このときはなぜかDJかぶれて、手拍子を要求し、リズムに乗って注意事項を告知していた…
(全然頭に入らなかったが(^_^;))

○「ミラーボール・ラブ」(両日)
一曲目はこれ、テーマソングだから当たり前と言いつつ、テーマ曲が最初に来るのを聞いたのは初めて。

最初のゾーンはリミックスバージョンが多めだった。

○「ミツボシ☆☆★ -Happily Ever After Remix-」(一日目)
いきなり聞いたことのない曲だと思ったけど、聞いたこともあるような…と思ったら「ミツボシ」だった。
ホームのステージで歌っていた。
※後日(デレパ)にて原紗友里さんは、このアレンジをライブでやるのは初めてだったと言っていた。

○BREAK TIME
何曲かやったあと、BREAK TIME という名のMCが始まる。
幕張ではリアルしんげきをやっていたが、ここではMCのコーナーだった。
手持ちの飲み物を掲げて、「カンパーイ」とかやっていた。
たぶん、今までのMCに比べたら、時間は限られていたのだと思う。

○「Flip Flop -For SS3A Rearrange MIX-」(両日)
CDでは荒木比奈と上条春菜、SS3Aでは荒木比奈と結城晴という組み合わせだったが、ここでは、上記の三人がいる上に、リミックスでないオリジナル版の高森藍子もいるというある意味豪華(?)な組み合わせ。(あとのMCで言ってた)
ナゴヤドームだけどSS3Aなのね…とか思った(^_^;)

○「踊りまくろ☆ダンシング・ナイト」(一日目)
片桐早苗のソロ曲だが、ここでは三人体制でなぜか荒木比奈もいた。なんでもOVER20ということなのだとか。

○「さよならアンドロメダ」(両日)
楽曲もそうだが、柱に歌詞が表示されるという演出が良かった。(表示される位置に意味があるとは思ってなかったが)

○「Needle Light」(両日)
これは文句なしによかった(担当の曲だからね)。
柱にあの「メガネ」が表示されていたのも良かった。上のモニタと合わせて一面に四つのメガネが表示されていたことになる(^_^;)
皆が乗るかどうかについてはわたし自身は心配していなかった。

○「無重力シャトル」(両日)
モニタに歌詞が流れていて、ちょうど歌うところだけ文字が大きくなったり、
こちらがコールすべき文字が表示されたりポップな画面(幕張と同じ?)
柱のところにもスペースシャトルが表示されていた。

○DJ KOO登場~アンコール、おわりまで(一日目)
この瞬間のことは覚えていない。
何者かが現れ、モニタには「DJ KOO」と表示されて…わたしは正直のところ「誰?」状態だったのだった。
そして「EZ DO DANCE」が始まったのだが、この時点でもサビしか知らないため「なんの曲が始まったんだ?」と思った。
サビでようやく分かるが、でもなんでコレ?と思ってた。
(後に、DJ KOO が trf のメンバーであることを知る)
そのDJで引き続いて「Yes! Party time!!」に突入してた。
なんかすごいと思った。

DJ KOO 登場が終わったあと、最後の曲です…と「Stage Bye Stage」をやって終了。

アイドルが退場したあと、ちひろさんの案内が入ったが、ここで、DJ ぴにゃ によるDJが始まる。
疲れている人は座って良いとのことで、座っていた。

アンコールはアイドルが再登場しての「TRUE COLORS」(これは幕張と同じかな)。
幕張と名古屋に出て、大阪には出ないメンバーの挨拶。
そして最後の「お願い!シンデレラ」。
田辺留依さんがどこにいるかはわからなかった。

○DJ KOO登場~アンコール、おわりまで(二日目)
二日目はもう出ることはわかっていたので安心(?)していました。
昨日と同じように「Stage Bye Stage」が終わり、ちひろさんのアナウンス
ちひろ「今日は、疲れている人も、もうちょっと踊ってみませんか?」
と、ここから昨日と違っていた。
そして、 DJ ぴにゃ が登場するかと思いきや… DJ KOOがまたしても登場し、仕切り始める。
これは場内が沸騰した。

ここでは、数曲のデレマス曲がDJにかけられていた。
そのうち、荒木比奈参加曲としては
「Flip Flop -For SS3A Rearrange MIX-」
「Needle Light」
「ミラーボール・ラブ」
が使われていたと思う。

DJ KOO の DJ はまだまだ続き、ついに trf曲 が飛び出し、
「えっと、これってアイマスのライブなんだよね?」と思ったりした。(^_^;)

いや…これはたまげた…。

そして、DJ終了後に告知があり、アンコールは昨日と同じだった。
挨拶は、名古屋の公演のみに出た人。
「お願い!シンデレラ」では田辺留依さんを見つけられず。


○二日目告知の「Spin-off」について
実は現地での告知見てたときに、情報を把握できてなくて、
的場梨沙に声がつくことを認識できなかった!
…なので、それをあとで聞いて驚いていたのだった。

いや、まぁ、目が悪くなってて、メガネかけても、あんまり良く見えなかったんだよね…


○今回思ったこと
次があるかどうかはわからないけど、メガネを新しくするのと、双眼鏡は必要かな…と思った。


○おまけ
11/10にやってた田所あずささん(ミリオンライブ 最上静香役)のライブでは
「私のライブにはDJ KOOさんは来ないですけどそれでもいいですか?」
と言っていたらしい。


○セットリスト(imas DB)
一日目
https://imas-db.jp/song/event/cinderella7th1109.html
二日目
https://imas-db.jp/song/event/cinderella7th1110.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント